さかい利晶の杜

休館日開館時間

モデルコース

利休と和菓子コース

(所要:約3 時間3 0 分)

利休を知り「茶の湯」を体験した後、利休のふるさと堺ならではのよりすぐりの和菓子を満喫するコースです。

さかい利晶の杜

1

さかい利晶の杜(見学・茶の湯体験)

堺の歴史と文化を多様な角度から楽しめる施設です。堺で生まれた二人の偉人の功績を紹介する「千利休茶の湯館」「与謝野晶子記念館」、さらに「茶の湯体験施設」「観光案内展示室」の4つの施設を通して、堺の魅力を十分に体験していただけます。また「茶の湯体験施設」では、お点前体験(予約制)や立札茶席をお楽しみいただけます。

次

徒歩(10分)

2

かん袋<くるみ餅>

鎌倉時代創業。屋号の命名は豊臣秀吉という由緒ある和菓子店。うぐいす色のまったりとした甘味のあんとモチモチの餅が評判のくるみ餅は、堺が室町時代に南蛮貿易の港町として栄えていた頃に作りはじめられました。独特の風味をもった味わいで、お餅をくるんで食べるところから「くるみ餅」と名づけられました。

次

徒歩(10分)

3

小島屋<けし餅>

江戸時代初期の延宝年間創業以来、昔ながらの製法を頑なに守り続け、「けし餅」一筋に研鑽を積み重ねてきた老舗ならではの味が自慢です。伝統の味には手を加えず、昔ながらの製法で一つ一つ手づくりした逸品。北海道産の小豆のこし餡を餅皮で包み、ケシの実をまぶして上品に仕上げました。

次

徒歩(10分)

4

丸市菓子舗<斗々屋茶碗>

明治28年の創業以来、千利休にちなんださまざまな銘菓を創造。「斗々屋」は、平成14年度全国菓子博において、最高位の名誉総裁賞を受賞。千利休が珍重した名碗「斗々屋」をそのまま再現した実物大のお饅頭。丹波大納言の粒餡と柚子餡が二層になった焼饅頭です。

次

徒歩(10分)

堺伝統産業会館

5

堺伝統産業会館

平成23年10月オープンの堺の伝統産業を一堂に集めた施設。刃物、線香、注染和晒、緞通、昆布、自転車、和菓子などの体験・学習・展示コーナー、堺の逸品、名産品を販売するショップ、堺刃物ミュージアムなど堺の伝統産業に触れることができます。

次

徒歩(10分)

6

茶寮 つぼ市製茶本舗

嘉永三年(1850年)に堺で創業したお茶の老舗。元禄時代の町屋を改装した茶寮では、特製スイーツとお茶のプロが淹れる極上の日本茶をお楽しみいただけます。
また、ちょっとした手土産からギフトまでお使いいただけるお茶の専門店ならではの豊富な品ぞろえで、皆様のお越しをお待ちしております。

ページトップへ