さかい利晶の杜 休館日開館時間
TOP > 各施設紹介 > 千利休茶の湯館

施設案内

  • 千利休茶の湯館
  • 茶の湯体験施設
  • 与謝野晶子記念館
  • 観光案内展示室

千利休と茶の湯を歴史文化から解き明かす

千利休茶の湯館

「利休と堺」・「茶の湯」・「利休の生涯」の3コーナーに分けて、堺で生まれた千利休(1522年~1591年)と茶の湯を知ることができる展示室です。

日本のベニスと称された室町から江戸時代初期にかけての堺のまちを描いた「住吉祭礼図屏風」を大型タッチパネルによりデジタル化した「デジタル住吉祭礼図屏風」では、天下一の茶人・千利休を生んだ堺のまちの国際都市としての繁栄を紹介します。

 

利休が若き日を過ごした堺今市屋敷に武野紹鴎の茶室を写し建てたという茶室と、利休晩年期である京の聚楽屋敷の茶室を想定して「床(床の間)」を中心に再現。その設えの違いや、利休の独創性による茶の湯の変革、利休がわび茶を大成する前後の茶の湯の変遷をご覧いただけます。

また、「利休と堺」というテーマで、シアター上映もしておりますので、ぜひご覧下さい。
・上映時間は、約12分(毎時:0分 / 15分 / 30分 / 45分 )

 

 


 

<さかい待庵>

00178.06_54_58_08.Still01800178.01_04_32_19.Still007


京都府大山崎町の妙喜庵にある国宝「待庵」は、千利休作で唯一現存する茶室です。

さかい利晶の杜では、その創建当初の姿を復元しました。
申込制ですが、北野大茶会の利休四畳半茶室の復元とともに、茶室内に入って空間を体感していただくことができます。
※1 ※2

 

 

 

※1 内覧には、さかい待庵特別観覧セット(展示観覧・立礼呈茶含む)の購入が必要。事前予約制、空きがあれば当日参加も可。実施時間・空き状況についてはお問合せください。

※2 利休四畳半茶室に関しましては、当日茶室貸し出しをしている場合ご案内できない事がございますので、 ご了承ください。

ページトップへ